裏・遍在性モラトリアム

知識の宝庫?カビが生えてるだけじゃないの

「老いしアイヌの歌」北原白秋 考察

 

アイヌはよ、
老いしアイヌ
神アヱオイナ、
アイヌ・ラクグルアイヌの臭ひある人)の後、
かんながらはこべかしら
土のたい、柳の脊骨、
シネ・シツキ・プイコロクル(眼窩の人)
神神の髪の毛の人、彼こそはげに、
カムイ・オトプ・ウシユ・グルなれ。

アイヌ、眉毛かがやき、
白き髯胸にかき垂り、
家屋チセに萱畳敷き、
さやさやと敷き、
いつかしきアツシシ、
マキリ持ち、研ぎ、あぐらゐ、
ふかぶかとその眼れり。

アイヌ
蝦夷アイヌモシリの神、
古伝神オイナカムイオキクルミすゑ
ほろびゆく生けるライグル
夏の日を、
白き日射を、
うなぶし、ただに息のみにけり。

アイヌ
家屋チセの空見ず、
さやら葉の青の長葉の、
アイサク・ピヤパ(髯なき稷)
フレ・ピヤパ(赤き稷)
チヤク・ピヤパ(はぜ稷)
ヤムライタ・ヨコアマム(藪虱に似し稷)、また、
脚高の熊檻ペウレツプチセ
の熊の赤き舌見ず、
汗垂らし、拭ひもあへず。

アイヌ
老いたる鷲、
古り皺み、
病み倦んずる者。
ましら髯、
いつかしきアツシシ、
マキリ持ち、研ぎ、あぐらゐ、
オンコ(水松)そぎ、心れり。

アイヌ
よくもだし、
念じ、かつ、しかくもだせり。
彼、キム・ヲ・チパスクマ(山の教義)の徒、
チクニ・アコシラツキ・オルシユペ(樹の守護の教義)の徒、
地上の者、聖シランパの子、
黙想者、聖トボチのしもべ
彼はかく念ずらし。
アトニ・ウエンユク(悪楡)よ去れ。
ニ・アシユ・ランゲ・グル(をを、汝立木人よ)
キサラハ・ランゲ・シヌブル・カムイ(をを、汝木の皮の尊き鬼神よ)
オー・トイヤン・クツタリ(汝地上に拡張せる者よ)
総て善し、は拝せり。
は老い、は嘆けり。
は白し、早や輝けり。
は消えむ、ああ早や。
が妻、が子、いろと
ぞうの、残れる者、
ことごとくめつせん。
オンコよ、吾が削る
紅柔べにやはき兎のししむらなす
オンコよ、しかく光らん。

アイヌ
老いたる鷲。
蝦夷アイヌモシリの神、
古伝神オイナカムイオキクルミすゑ
ほろびゆく生けるライグル
光り、かつ白きライグル
アイヌ、眉毛かがやき、
白き髯胸にかき垂り、
いつかしきアツシシ、
マキリ持ち、研ぎ、あぐらゐ、
真夜なすくぼアイヌ
今は善し、オンコ削ると
息長おきなが息吹いぶき沈み、
れ、遊び、心足らふと、
そのオンコ、
たらりたらりと削りけるかも。             

北原白秋 海豹と雲 よりコピペ

 

 

一段落目

アイヌはよ、~カムイ・オトプ・ウシユ・グルなれ。まで

まずこの詩を読んで思ったのは、非常に写実的というかまるで目の前に座っているアイヌの老人をスケッチしたようなリアリティがあることだ。白秋の生まれは福岡だったが、アイヌとなにか曰くがあったのだろうか?年表にはそのことが書かれた箇所が載ってなかった。

はこべは春の七草のひとつで白い五弁花。撫子科、学名では「ステラリア・メディア」と呼ばれている。ステラリアはラテン語で星、花の形が星形をしていることから名づけられた。http://www.hana300.com/hakobe.html

カムイ(神威)はアイヌ語で神格を有する高位の霊的存在を表す。アイヌ神話では星の誕生、太陽と月の出現、国土の創造など様々な場面に神が現れ、カムイは総じてその神々のことを表すのに使われる。

オトプは髪の毛のこと、ウシユはおそらくウセウ(お湯)のことだと思うが・・・、グルなれは不明。しかしこの句の前に髪の毛のことを語っているので、恐らく白髪の老人(白秋はその人を神(カムイ)に見立てている)のことを指しているのではないかと思う。

 

二段落目

 アイヌ、~深々とその眼凝れり。まで

 一段落と同じく、白髪のアイヌの老人の描写が続く。

さやさやは薄いものが軽く触れあって鳴る音の擬音表現。

https://kotobank.jp/word/%E3%81%95%E3%82%84%E3%81%95%E3%82%84-512126

アツシンはアットゥシというアイヌ伝統の着物のことを指すと思う。アットゥシは樹木から作られる羽織のことで、胸の上部から背中に特徴的な切り伏せ模様が入っている。

http://www.frpac.or.jp/manual/files/2000_02.pdf

 マキリは小刀のこと。アイヌ民族の間で使われたマキリは、アイヌマキリと呼ばれている。あぐらいは胡坐(あぐら)のこと。老人が胡坐で小刀を研いでいるという絵が浮かぶ。

 

三段落目

アイヌ。~うなぶし、ただ息のみにけり。まで

三段落を押さえるために、アイヌ神話について少し書かなければならない。

 

 

 

参照

生涯年表|北原白秋記念館

アイヌ語辞典

アイヌの神話